動物の豆知識

2013年10月12日 土曜日

★フィラリア予防はいつまで☆

今年はまだ×2暑い日が続いてますねwobbly

こんにちはsun

このところ「フィラリア薬はいつまで飲ませたらいいの?」というお問い合わせを頂きます。

投薬期間は気温と媒介する蚊の活動期間が関係してきますsign03

蚊は気温が15℃以上であれば活動できるといわれてます。
またミクロフィラリア(子虫)は蚊の中でしか感染能力を持つ幼虫(感染幼虫_L3)まで成長ができないため、
蚊の存在は不可欠paper
その成長も気温が18℃以上の日が続かなければ、成長ができず終いです。

地域とその年の気候により異なりますが、このあたりですと

"11月初~中旬くらい"までは感染のキケンimpactがあります。

ちなみに、神奈川県で最も遅い感染日は、過去15年間では、11月11日となっています。

なので今年最後の投薬は、"11月終わりから12月初め"に飲ませましょうsign01sign01

最後の投薬時期はとても大切です。みなさん、忘れずに飲ませましょうねup





もし暖かい日が続き、この時期以降に蚊を見かけるようでしたら、
もう一回投薬してあげた方がいいかもしれません。

ちなみにフィラリアのお薬は'持続的に予防する'のではなく、
投薬することでいままで入り込んだ幼虫を駆除する駆虫薬です。

犬の体内へ侵入した感染幼虫は
皮下・筋肉組織(L3→体内移行幼虫L4へ成長)⇒血管内(L4→未成熟虫L5)⇒心臓・肺へ移動する間に
脱皮を繰り返し成虫へと成長しますが、
フィラリアの薬はすべての段階の幼虫に対し効くわけではありません。
血液中に侵入してしまうと駆虫できなくなるため、飲み忘れなど気をつけて下さいねsign01


涼しくなってきたから、投薬しなくても大丈夫かなsign02と思われがちですが、
途中でやめてしまうことで、今までの投薬して頂いていたものが、無駄になってしまうかもしれません。
もし感染していたら・・・・
冬の間にどんどん成長し、来年の春再びお薬を飲ませる時期には成虫になってしまいますsweat01
治療には時間も費用もかかりますし、なによりわんちゃんたちに負担がかかりますweep

投薬は例年"11月終わりまたは12月初め"までですclover

フィラリア症は予防できるものですsign03
かわいいわんちゃんたちのためにも最後まで投薬してあげて下さいねwink


dog投薬期間など心配なことがございましたら、お気軽にご相談くださいdog

投稿者 あき動物病院

アクセス


大きな地図で見る

〒246-0031
神奈川県横浜市瀬谷区瀬谷5-39-4

お問い合わせ 詳しくはこちら