熱中症のお話☆|小動物の病気を治療するなら瀬谷区の動物病院『あき動物病院』

新着情報

熱中症のお話☆

動物の豆知識

皆様いかがお過ごしでしょうか?
毎日ジメジメした日が続いてますね。
最近熱中症と思われる子が増えてるように感じます。

わんちゃんは肉球でしか汗をかけないため、
口を開けてハァハァとパンティングすることで体温を下げています。
高温多湿になると、体温調節がうまくできず、
熱中症になるキケンが

〇症状
大量のよだれ
嘔吐・下痢
足がふらつく
ぐったりする
意識がなくなる

こんな時はすぐ病院へ!

院長ブログも宜しく~こちらから

屋外にいるコはもちろんのこと、室内にいる場合も注意が必要です。
閉め切りの室内は想像以上に暑くなることがあります。

〇対策
換気をする
ひんやりグッズの使用
新鮮で十分な飲み水の用意(冷たすぎもng)
ブラッシングをこまめに
日陰をつくってあげる 等

また車での移動時、
“エアコンつけているから大丈夫”
“少しの時間だから”
と車内においてゆくのも大変危険です。

キャリーケース内も温度が上がりやすいので、気をつけて下さいね。
アイスノンなど保冷剤を一緒にお持ちいただくとよいですよ。

一緒にお出かけ・お散歩は早朝や夜間をおすすめします。
日中は気温が高いだけでなく、路面温度も上昇しています。
実際に手で触れてみてください。
パッドの火傷などにも注意しましょう。

〇なりやすい子達
パグ・フレンチブルドッグ・シーズー等の短頭種
ハスキー・サモエド等北方原産のコ
フェレット
ウサギ
ハムスター
若齢・高齢のコ
肥満してるコ
病気のコ

真夏だけでなく今の時期もとてもなりやすいので、
注意してあげて下さいね。