ばさし|小動物の病気を治療するなら瀬谷区の動物病院『あき動物病院』

新着情報

ばさし

院長ブログ

先日、生まれて初めて馬刺しを食べました。

学生の頃、馬刺しの名産地、青森県十和田市に住んでいたのに、なぜか馬刺しに縁がなく。。。

なかに真っ白のお肉が。。。これは、なに?

食べてみると、プリプリっとして、臭みもなく、噛んでいるうちに甘味もでてきて、おいし~い!

お店の方いわく、コウネという馬のたてがみの部分の脂肪組織だそう。

何々。。。気になったので、馬刺しについて、すこーし勉強してみました。

そういえば、大学時代も公衆衛生で、特に馬の食肉衛生は習わなかったような…

どれどれ

「ウマ肉は、ほかの種類のお肉より栄養価が高く、滋養強壮に良い。

高たんぱく質、アミノ酸、ミネラル、ビタミンも豊富に含まれているって」

なるほど~

さらに調べていくと。。。

犬と馬の寄生虫に「ザルコシスティス・フェアリー」という名の原虫がいる!

ザルコシスティスは日本語で言うと、住肉胞子虫、すなわち筋肉の中に寄生する小さな虫のことで、

馬の筋肉内に寄生していると、これを食べたヒトに食中毒を起こすとのことで、要注意です!

ワンコは、この寄生虫の終宿主で、この寄生虫のついた馬肉を食べても、無症状だけれども、この寄生虫を媒介する役目を果たします。

普通の家庭犬では、うつすことはないけど、お肉の生食をしているわんちゃんはご用心くださいませ~

詳しくは、農林水産省 ホームページhttp://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/f_encyclopedia/s_fayeri_qa.html

食品衛生の窓 ホームページhttp://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/musi/30.html